格安SIMへ移行する?キャリア(docomo)に残るメリットは…?

ほとんど自宅のWi-Fi環境に居るため、パケット通信することもなければ、長時間通話することもないのに、長年契約しているdocomo。

こんな私にこそ格安SIMはうってつけと思いつつ、キャリアメアドで登録してるサイトやショップのメアド変更手続きや、現在届いているメールの必要有無の判断が面倒で、この数年放置してきました。

ライトとは言え、パケ・ホーダイ契約なのに、もう何年も月のパケット使用量が1GBを超えたことがない…。
以前はファミリー割引が必須で、充分に元が取れていましたが、最近は家族側がみんなカケホーダイなので、あちらからかけてもらえばいいだけに。

防水防塵とおサイフケータイも必須の私としては、全部入りの最新機種に気軽に変更できるのも魅力だったけど、近頃のSIMフリー端末の充実でキャリア端末にこだわる理由も薄れてきています。


実際、数年前から格安SIMを利用している娘のスマホの機種変更のために、防水が決め手となり購入したMoto G(第3世代)は、このお値段で充分サクサク。
おサイフさえあれば1~2万円上乗せしても、防塵はあきらめても、私も欲しい。

SIMフリースマホ Moto G (第3世代) (ホワイト/ブラック) OCNモバイルONE音声通話対応SIMパッケージセット 【送料無料】

価格:26,784円 (2016/9/18 15:21時点)


さらに娘は、以前から利用しているSIMをそのまま使うためSIM不要。
にも関わらず、他店でスマホ本体を単品で購入するより、定価だと3,000円するOCNモバイルONEのSIMパッケージとセットで販売しているNTTコムストアが一番安価だったため、SIM付きで購入することに。

そして、この余った音声対応SIMパッケージを前に、やっと格安SIMへの乗り換えを決意したのでした。