格安SIMへ移行するメリットは?格安ってどのくらい?

私はスマホが生活必需品の割に、通話とパケット通信をほとんどしないという、典型的なMVNO向き。

格安SIMへの道のり」と、もう何年もキャリアへの支払い額が気になってはいたものの、実際にどの程度もったいないことをしていたのか、今さらながら改めて確認してみました。

契約していたのは、docomoの「タイプXi にねん」で、月々サポートなし。
契約満了月は11ヶ月後。

自宅のネットもOCNなので、モバイル割という割引が適用されます。
唯一つけたオプションの「050 plus」は無料です。

docomo OCN
基本使用料 743 月額利用料 1,600
パケット定額料(ライト) 4,700 モバイル割 -200
spモード使用料 300 050 plus 0
合計 5,743 合計 1,400
差額 4,343(税抜)

OCNモバイルONEの初期費用は無料で済んだとは言え、docomoの解約金(違約金)9,500円とMNP転出手数料2,000円の計11,500円がかかりますが、それでも約2ヶ月半で元が取れるとは…。