Windows10の更新プログラムを非表示にする方法

Windows10にしたくない、できない場合にも、アップグレードしない限り、PCの電源を切ろうとするたびに「シャットダウン」ボタンに「更新プログラムをインストールしてから、コンピューターをシャットダウンします。」と黄色い盾に「!」マークが表示されます。

他の必要な更新プログラムがあるのか、Windows10のアップグレードに対してなのか判断できません。

更新プログラムをインストールしてから、コンピューターをシャットダウンします

さらに毎回「次こそ勝手にWindows10になるのでは?」とドキドキするのですが、私の環境(Windows7)では、

「シャットダウン」ボタンに黄色い盾のマークあり

「インストールする更新プログラムを選択します」の一覧は、
 ・「Windows10 Home、バージョン1511、10586にアップグレード」にチェックあり
 ・この他の更新プログラムは「重要」にも「オプション」にも一切なし

Windows10へのアップグレード予約はキャンセル済み

アップグレードの予約を取り消す方法

という状態でこのマーク付きの「シャットダウン」を実行しても終了時も起動時もなにも起こりません。

なのでこの黄色い「!」マークの意味を未だ理解できずにいますが、とりあえず表示させないためには、WindowsUpdateの一覧から不要な(今回はWindows10アップデートプログラム)を非表示にする必要があります。

  1. スタート コントロールパネル システムとセキュリティ
  2. WindowsUpdate 「利用可能なすべての更新プログラムを表示」
     
    利用可能なすべての更新プログラムを表示
  3. 一覧から「Windows10~にアップグレード」という項目を見つけクリック
     
    更新プログラムを非表示にする
     
    このプログラム自体がない場合はこちら
    「更新プログラムをインストールしてから、コンピューターをシャットダウンします。」が消えない場合の対処方法
  4. 「更新プログラムの非表示」をクリック

こうしていても、他の新しい更新プログラムが出たときは、もちろん通常通り黄色いマークは表示されるので、今後「WindowsUpdate有無がわからなくなる」なんてことにはならないので大丈夫です。

Windows10に関しても、もしまた表示したい場合は、手順2で左メニューにある「非表示の更新プログラムの再表示」をクリックすると、非表示にしている項目がリスト表示されるので、チェックをつけて画面右下の「再表示」ボタンをクリックすれば元に戻すことができます。

非表示の更新プログラムの再表示

この方法でも「!」マークが消えない場合や、そもそも「Windows10 Home、バージョン1511、10586にアップグレード」がない場合、こちらのページの「原因2」「原因3」も参考にしてみてください。
「更新プログラムをインストールしてから、コンピューターをシャットダウンします。」が消えない場合の対処方法

画面右下に表示される通知を非表示にする方法はこちら