格安SIMで、Pokémon GO!

OCNモバイルONEのSIMカードを挿入しているスマホ(SH-01G/Android5.0.2)に、話題のポケモンGoをインストールしてみました。
ありがたいことに公式に動作確認されているようで。

『Pokémon GO』をダウンロードする前に知っておきたいこと

公開当日14時にWi-Fi環境でインストールし初期設定。
検証目的だった動作自体はまったく問題ないものの、世界中でこれだけユーザーが居る上、使用できるのが「英数字のみ(大文字も使えましたが、小文字と判別されているかは不明)」なので当然ではありますが、たくさん試すも「使用できないニックネームです」と表示されてしまい登録できないという壁にぶつかり、苦労したのはニックネームの設定でした…想定外。

なんとかニックネームの登録も完了し、ARも問題なく動作。
この記事を書いているキーボードの上に最初のポケモンが現れました笑

そして帰宅ラッシュの18時、いざ外へ!
私が試したかったのは、格安SIM(OCNモバイルONE)での接続でも問題なく動作するか、さらに契約している110MB/日コースでどのくらい遊べるのか?
と言っても田舎なので、回線だけを考えるなら「ラッシュ」が、そこまで影響するとは思えません。

早速Wi-FiをOFFにしポケモンGoを起動……起………動……………??
あれ?「Loading」画面から、なかなか進みません。
Wi-Fi環境とは明らかに速度が違います。

が、起動してしまえば、あとは移動に応じ順調に画面も変わっていきます。
近所のちょっと(本当にちょっと笑)した観光スポットに立ち寄ってみると…え?笑
十数名ですが、スマホ見ながら移動してるー!笑
「ポケストップ」に向かってるー!笑
田舎、侮るなかれです笑笑

そして私のスマホはフリーズ。ホームにも戻れません。
このまま電源ボタンから再起動しようと思いましたが、しばらく放置するとポケモンGo画面は反応せずとも、画面上部の通知領域(ステータスバー)をスライドすることができるようになったので、設定→アプリ→Pokémon GO→強制終了。

再び起動しようとすると、最初よりもさらにロードに時間がかかりました。
そしてまたフリーズ。

近くにいた十数名のユーザーがみんなOCNモバイルONEを利用している可能性はまずないですし、スマホ自体の機種やOSバージョン・利用回線云々ではなく、これはポケモンGoのサーバー側の混雑が原因ですね、恐らく。
初日の夕方にテストしようと思ったのが間違いでした。

ただその帰りがけ、もう一度起動し直して、誰も居ない公園の前を通ると、ポケモン登場!
各「ポケストップ」もたくさん表示され、場所に応じ地図も正しく表示されました。

今後、サーバーが落ち着けば、OCNモバイルONEでも問題なく楽しむことができそうです。
使用容量は、フリーズしている間を除いた実働10分ほどで10MBといったところ。
とは言え、不安定な本日の測定はあてにならない気がするので、落ち着いた頃にまた試してみたいと思います。

カテゴリー Androidタグ , ,

Comment