常駐プログラムを少しでも減らしたい

メモリ消費を防ぐため、または不要なプログラムは起動させず、シンプルに使いたい場合、常駐プログラムを停止します。

まずは、「スタート」ボタン→「すべてのプログラム」→「スタートアップ」内を確認。
ここに、常駐させておく必要がないソフトのショートカットがある場合には、右クリックして削除します。
これで、次回のWindows起動時には、自動起動してきません。
ただ、多くのプログラムは、上記の「スタートアップ」内ではなく「システム構成ユーティリティ」(※Vistaでは「システム構成」)内の「スタートアップ」に登録されていますので、別の個所でも停止作業が必要です。

  1. 「スタート」→「ファイル名を指定して実行」→「msconfig」と入力→「OK」
    ※Vistaの場合は「スタート」→「検索の開始」欄に「msconfig」と入力→上部に表示された「msconfig.exe」をクリック
  2. 起動した「システム構成(ユーティリティ)」の「スタートアップ」タブをクリック
  3. 不要な「スタートアップ項目」のチェック解除し、「OK」→PC再起動
    ※「スタートアップ項目」の内容がわかりにくいですが、項目名をそのままGoogleなどで検索すれば、大抵何のソフトなのかわかります
  4. 再起動完了時(次回起動時)、自動的に表示される「システム構成ユーティリティ」ダイアログの「Windowsの開始時にこのメッセージを表示しない…」にチェックし「OK」

Comment