無償アップグレード期間が過ぎた今から、Windows8.1をWindows10にアップグレードすると?

知人が、NEC製「PC-NS150AAR」という機種のノートパソコンを購入時のままのWindows8.1で使っています。

こちらのパソコンには「Office Home & Business Premium プラス Office 365 サービス」が元々インストールされており、WordやExcelが使えます。

ですが、知人は使う予定がなかったのか、Wordをアンインストールしていたらしく、しかもそれを忘れていたようで「自分のPCにはWordが入っていない」と思い込んでいた模様。
そんな中、仕事の都合でWordが必要になり、なんと…家電量販店で「Microsoft Word 2019」を単品のPOSAカードで購入してきたと言うのです!!
もったいない…もったいなさすぎる…。
「Office Home & Business Premium」のWordをアンインストールしていても、再インストールすればいいだけなのに!


でも、それよりも大きな問題があります。「Microsoft Word 2019」に限らず「Office 2019」は「Windows10」にしか対応していないのです。POSAカード背面の「システム要件」にも「Windows10またはmacOS」と、しっかり太字で記載されています。
Microsoft_Word_2019_システム要件
そうとは知らぬ知人は、Windows8.1のPCで「office.com/setup」にアクセスし、POSAカードのスクラッチを削って25文字のプロダクトキーを入力。
その時点で「Windows10にアップグレードしてください」と通知されたと連絡をしてきました。


話しを聞いた私はどうにかPOSAカードをなかったことにし(?)、プリインストールされている「Office Home & Business Premium」からWordを再インストールしてもらいたかったのですが、そうすると購入した「Microsoft Word 2019」が無駄になってしまう…。
そこでPOSAカードを返品できないか(スクラッチを削っている時点で無理だとは思いますが)、この時点でこのプロダクトキーがまだ未使用の状態なのか確認してみることにしました。

私はその場に居らず、知人のMicrosoftアカウントもわからないので「Microsoft Answer Desk (0120-54-2244)」に電話をしてみることに。
「Officeについて」というガイダンスを選択して、オペレーターに繋がるのを待ち、内容をそのまま「購入したPOSAカードのプロダクトキーが使用済みになっているか確認したい」と伝え、プロダクトキーを読み上げました。
すると「使用済みになっています」と、即答。

問い合わせの際に、紐付けされている知人のMicrosoftアカウントが不要だったのは助かりましたが、事情を話し「可能であれば、登録を解除してもらって返品したい」と図々しいことをお願いしてみましたが、一度Microsoftアカウントに紐付けられたプロダクトキーは解除できないとのこと。当然ですね。
ですが、まだインストールはしていないので、別のMicrosoftアカウントを持っている他の人に譲ることは可能だそうです。他の人が同じプロダクトキーで登録すれば、所有権が移るとのこと。
それはいい情報を得ましたが、残念ながらWordを単品で必要な知人は居らず、譲る機会もナシ。


そこで、この「Microsoft Word 2019」を無駄にしないように、画面に表示された通り思い切ってWindows10にアップグレードすることにしました。そうすれば、元々インストールされていたExcelやOutlookは2013/2016でも、Wordだけは最新版で利用することができます。
幸い、メーカーのサポートサイトで調べてみると「PC-NS150AAR」はWindows10に対応しています。

NEC製PCの場合は、こちらで調べることができます
アップグレード対象製品一覧

※他のメーカーでも同様かもしれませんが、NEC製PCの場合、Windows10にアップグレードする前に、何かのトラブルなどで初期状態に戻す必要が出た場合に備えて、Windows8.1の状態で「再セットアップメディア(リカバリディスクなど)」を作成しておく必要があります。


そして「Windows10にアップグレードしてください」と表示された画面に従い、そのままアップグレードしてもらいました。アップグレードは問題なく開始されましたが、そこでまた疑問が…。
「Microsoft Word 2019」がもったいないとWindows10にアップグレードしたら、今度は「Windows10のライセンス」が必要になるのでは?「Microsoft Word 2019」よりもさらに高額な費用がかかります。

それでは意味がない…けど、アップグレード開始時にWindows10のライセンスを求められることもなく、問題なく進んでいるとのこと。
ライセンスはどのタイミングで求められるのか気になり、またしても「Microsoft Answer Desk (0120-54-2244)」へ相談です。

すると、すぐに「2016年までの無償アップグレード期間に一度でもWindows10へアップグレードしたか」を訊かれました。ですが知人のパソコンであり、私は知人の傍に居ないため、すぐに確認・回答できず。

Microsoftのオペレーターさんが仰るには、

では、もし無償アップグレード期間にアップグレードしていれば、今回はライセンス認証やプロダクトキーの入力を求められず、通常はそのままWindows10としてご利用いただけます。ただ、問題なくWindows10で使えていても、何かのタイミングでライセンスが外れてしまう場合がありまして、その場合は、Microsoftまたは家電量販店等でWindows10のライセンスをご購入いただく必要があります。
また、無償アップグレード期間に一度もアップグレードしていない場合は、今回のアップグレードが完了した時点(Windows10の初期設定の段階)でライセンスを求められる可能性もありますし、そのままご利用いただける可能性もあります。その場合も、何らかのタイミングでライセンスが外れてしまう可能性があるのは同じです。

とのご回答!!

つまり、Microsoftでも「わからない」と言われているような!?しかも過去にアップグレードしていてもしていなくても同じとは。
今回Windows10にアップグレードできても、ある日突然ライセンス購入を求められる日が来るかもしれないし、来ないかもしれない…とのことなのでした。


自分のパソコンならいいのですが、知人のパソコンの場合等には「ある日突然使えなくなったらごめんね。そのときはWindows8.1に戻してね」と言うのも、何だか申し訳ない気がしますが、Microsoftでもわからないのであれば、どうしようもないですね…。

Comment